女性の後姿

切らない脂肪吸引手術

自分の方を抱く女性

脂肪吸引で確実な効果が得られるとはいうものの、皮膚を切開することに怖さを感じ、なかなか治療を受けられないという人は少なくないはずです。
そんな人には、メスを使わずにできる切らない脂肪吸引手術がおすすめです。
この手術では、専用機器を用いて皮膚の上から脂肪細胞へアプローチを行います。
それにより、脂肪細胞を破壊して体外へと排出していきます。
メスを使う脂肪吸引手術に比べると、痩せるまでには多少の期間が必要になります。
ただ、切らない脂肪吸引手術では自然な痩せ方ができます。
ですから、美容外科にて脂肪吸引手術を受けたと周りに気付かれにくいのです。
メスを使わないことから、手術を受けて傷跡が残る心配がいりません。
そして、脂肪吸引手術は安全性の高さも魅力です。
最近では、機械を使って切らずに痩せられる治療法が続々と開発されています。

切らない脂肪吸引手術で人気を集めているのが、ライポソニックスです。
この手術では、超音波の熱エネルギーを利用して脂肪細胞を破壊します。
切らない脂肪吸引手術のなかでも、トップクラスの効果を得られるのがライポソニックスだといわれています。
皮下脂肪は厚さ2.5cm必要ですが、それは脂肪層の厚い人でも効果を実感できるということです。
切る脂肪吸引手術に比べてもちろん、体にかかる負担は少なくなりますのでダウンタイムも短くて済みます。

ライポソニックスだけでなく、ゼルティックも高い人気を誇っています。
この手術では、脂肪細胞を冷却することで脂肪細胞を破壊します。
手術を受けている間、特に痛みを感じることがないため痛みに敏感な人でも無理なく受けられます。
ゼルティックはライポソニックスのように、皮下脂肪の厚さが決められていません。
そのため、皮下脂肪の厚さがそれほどない人でも受けられるのが特徴です。
手術後に痛みを感じてしまうことがありますが1,2週間で治まります。

ライポソニックスやゼルティックだけでなく、ウルトラアクセントも人気の手術方法の1つです。
この手術では、超音波を用いて脂肪細胞を破壊し、高周波で脂肪細胞を体外へ出します。
ウルトラアクセントは、脂肪細胞のみに反応します。
そのため、効率よく治療を進めていくことができるのです。
さらに、脂肪細胞のみに反応するということで高い痩身効果が期待できます。
ウルトラアクセントは1回だけでなく、複数回手術を受けることで効果が得られます。
徐々に痩せるため、自然に痩せているように見えるのがメリットです。

このように、切らない脂肪吸引手術にはさまざまな方法があります。
それぞれの方法で特徴や効果が違ってくるため、脂肪吸引手術を検討している人は事前に調べて知識を身に付けておきたいところです。